横浜の着物持ち込みで処分してくれるお店はどこ?高く売ってもらう方法の詳細

> 横浜の着物持ち込みで処分してくれるお店はどこ?高く売ってもらう方法

横浜の着物持ち込みで処分してくれるお店はどこ?高く売ってもらう方法

着物を処分する方法

着物の処分で悩んでいる方は少なくありません。思い入れがあると、なかなか捨てられない方も多いでしょう。しかし、だからといって着ないまま箪笥の肥やしにしてしまうと、せっかく思い入れのある着物がボロボロになってしまいます。それなら、思い切って処分してしまったほうが良いでしょう。

処分方法はいくつかあります。1.着物買取専門店、2.質屋、3.リサイクルショップ、です。近年は、1の着物買取専門店を利用される方が多いのではないでしょうか。オークションで売る方法もありますが、慣れていない方は少々面倒です。やはり、前述した3つの方法がはじめての方でも着物を処分しやすいでしょう。

着物買取の特徴は、専門の査定士がきちんと査定し、正しい金額を付けてくれることです。価値のある着物は、高値で買い取ってもらうことも。専門の査定士が常駐しているので、信頼性も高いでしょう。また、着物だけに限らず帯や草履、帯締め、小物類なども買い取ってもらえます。

大切な着物や作家物、古い着物などは質屋やリサイクルショップよりも断然買取専門店のほうがメリットでしょう。店頭買取以外にも、出張買取や宅配買取などもあるので近くにお店がない方でも安心です。

一方で質屋は着物専門ではありませんが、こちらも査定士がいます。納得の金額で買い取ってもらえる可能性も。リサイクルショップは、お店によっては着物の専門査定士もいます。ただその確率は着物買取専門店や質屋に比べると低く、どんなに作家物・ブランド物でも高く買い取ってもらえない可能性があります。

損しやすいのがリサイクルショップです。ノーブランドの着物や浴衣などであればリサイクルショップでも良いかもしれません。

横浜ではどこがおすすめ?

「まんがく屋」は、神奈川県には横浜をはじめ多くの店舗があります。地域密着型ではありませんが、利用者が多く着物の処分も専門の査定士が行ってくれるので安心。ただ処分するだけでなく買い取ってもらえるので、自分の着物がお金に変わります。また、現金即払い・出張査定あり・シミや傷OK・古い着物OK・帯や小物類OKなどのメリットも。

着物買取専門店ではないので他の商品の買取も行っていますが、専門査定士が1点1点丁寧に査定してくれるので安心です。まんがく屋では有名作家の作品や伝統工芸品などの着物の買取を強化しているので、そういった着物を持っている方は断然まんがく屋がオススメでしょう。

「かないや」は持ち込み買取に対応しているお店です。横浜市内に店舗を持っているので、地元の方は利用しやすいでしょう。鶴見市内にも2店舗あるので、近辺の方は便利です。ただ買取専門店ではないので、販売も行っています。そのため、不要な着物を売り、新しい着物を買うことも可能。

とはいえ、着物専門店なので着物や帯、小物類などを売りたい方には最適です。着物の買取を行ってくれるお店はいくつかありますが、他の商品も取り扱っているところが多いため、専門店となると限られてきます。そのため、かないやは「着物だけを取り扱っているお店を探したい」方にはピッタリでしょう。

「たんす屋」は人気ランキングでも上位にあるお店です。横浜はビブレに店舗があります。持ち込みで処分してもらえるので、安心。また、出張買取や宅配買取なども同時に行っています。買取以外にも、メンテナンスや預かり、委託販売なども行っており、まさに着物に特化したお店といえるでしょう。1枚だけ処分したいという方も対応してくれるので、まずは一度問い合わせをしてみてください。査定には2週間程かかるため即日現金買取はできませんが、1点1点丁寧に査定してくれるので信頼できます。

高く売るためのお手入れ方法

着物は、作家物や新品・未使用などが高価になりやすいといわれています。作家物も、有名なものであれば100万円近くで買い取ってもらうことも。しかし、どんなに年数が経った着物でも、大切に保管していたものは高値で買い取ってもらえることもあるでしょう。ノーブランドの場合でも、やはりシミや傷などがない着物は作家物とまではいかなくても高くなります。

少しでも良い状態の着物を売るためには、お手入れや保管方法が大きなポイントになるでしょう。まず、お手入れ方法。着物を脱いだら、衿・袖口・裾・左前身頃・裏地を確認してください。衿は、もっとも汚れがつきやすい部分。汗やシミ、ファンデーションなどが付いていないか確認しましょう。袖口は、皮脂やホコリなどが付きやすく、裾は砂ぼこりや泥はねなどが付きやすい場所。

それぞれの汚れをチェックしお手入れをします。一番最初にしたいのは、「着物ハンガーにかけ、風通しの良い日陰で干す」こと。絶対に脱ぎっぱなしにはしないようにしてください。それだけでも状態の良し悪しに響きます。もし汗シミを見つけた場合は、霧吹きで水をかけ、タオルなどでトントンと優しく叩いて落としましょう。